【虫嫌いスタッフ執筆】寒さ厳しい11月にもアズミーに虫はいます


  ▼セクション

  1. カメムシ

  2. カマドウマ

  3. テントウ虫

  4. ユキムシ

  5. ハサミムシ

  6. ザトウムシ



11月も後半へと折り返し、いよいよ2021年が終わろうとしていますね。


秋(体感では山中湖はもう冬。。)はキャンプシーズンということもあり毎週末たくさんのキャンパーさんにきて頂いております。


秋がキャンプシーズンと愛される所以の一つとして、「虫が少なくていい」を挙げられる方が多いのではないでしょうか。



ただ残念ながら自然豊かな山中湖村ではまだちょこっと虫がいるのです。


もちろん夏比べると虫の種類やデカさ、危機感を感じるムーブメントは劣ります。



一方で現在でも虫かごを持参されるお子様キャンパーさんもいらっしゃいますので、アズミーでよく見かける虫を紹介したいと思います。


1番多いのが〈カメムシ〉

カメムシとは知らず手に乗せ見惚れた〈アカスジキンカメムシの終齢幼虫〉


この時期1番多く見られるのがカメムシです


越冬を迎えるため日中に暖かい場所を求めたくさん見かけます。


隙間に入り込むのが得意な彼らはちょっとしたスペースを見つけると侵入してきて、


あなたのテント内にていつでもスタンバイしてます…


種類も多く見られものよってはカメムシということも忘れ見惚れてしまうことも



・1番多いクサギカメムシ



・チャバネアオカメムシ




▼アズミーでよく見かけるエリア


コンクリートエリア コテージ ウッドサイト


寒さに弱い昆虫ですので日当たりが良いところによく見かけます。日陰の多く寒いウッドサイトではテントの中に忍び込み暖をとって冬を越そうとしているみたいです。



近くで見ると1番強烈かも〈カマドウマ〉

気を抜くといつも管理棟に忍び込む厄介な者


こちらの昆虫も冬を越すためかよく室内へと侵入してくる印象です。


単体で見る分にはまだ大丈夫なのですが、彼らの好むスポットに集まっている光景は大変不気味です…


▼アズミーでよく見かけるエリア


コンクリートエリア ウッドサイト 林サイト


暗く陰気な場所に多く、湿気がこもる場所を好むらしいです。



一年中見かける〈てんとう虫〉

なんだか美味しそうなお菓子に見える〈シロホシテントウ〉



全国的によく見かける〈ナナホシテントウ〉や〈ナミテントウ〉などアズミーでも天気の良い日によく見かけます。


余談ですが、占いとかでテントウ虫を見ると幸運が訪れると言いますよね。



このくらいの昆虫であれば、お子様が捕まえて帰ってきてもまだ大丈夫ですよね…



▼アズミーでよく見かけるエリア


コンクリートエリア コートサイト 丘サイト




よく見ると可愛い?〈ユキムシ〉

アブラムシの仲間ということでなんだかイメージダウンな〈ユキムシ〉



この昆虫がいると近いうちに雪が降ると言い伝えのある虫。本州で見かけることは珍しいようです。


見た目がふわふわとしていて、捕まえるのも容易なのでぜひ見かけたら優しく捕まえて観察してみてください。


熱に弱く、とても脆い昆虫ですがこの虫が飛んでいる姿は幻想的です。




▼アズミーでよく見かけるエリア


林サイト ウッドサイト


※風通しの良すぎる場所だと流されてしまうみたい



なんだか見た目が嫌い!〈ハサミムシ〉

ちょっと雑になってきましたがやはりこの見た目いけ好かないです



日本全国で発見することのできるこちらの虫ですがアズミーでもたくさんいます。


見た目とハサミから害虫に見られがちですが、毒は持ち合わせていないようです。


また肉食で周辺の小さい虫を食べてくれるらしくくれるらしく益虫と呼ばれています。



▼アズミーでよく見かけるエリア


全エリアの石の裏 ジメジメとしたところ



こちらも見た目がアウトだけど益虫〈ザトウムシ〉

豪華手ぶらキャンプのテント内清掃時に必ずいる此奴



非常に足が長くなんだか毒の持っていそうなクモみたいなこちらの虫。


実はクモの仲間ではなく毒も持っていません。人へ危害を及ぼすこともなく噛むこともさすことも無いようです。


また森の中の死んだ昆虫やキノコの真菌を餌とする種類もおり、「森の掃除や屋」と呼ばれているようです。


盲目で夜行性であり十個体以上で集団で行動するようです…これは見たことないですが、想像するとちょっと怖いですね…




▼アズミーでよく見かけるエリア


林サイト ウッドサイト


※こちらもジメジメとした森林を好むようです





まとめ 〜みんな生きているんだ〜

虫嫌いなスタッフによる紹介ですので心ない表現がいくつかあったかと思いますがどうぞお許しくださいませ。


こちらのブログを書くあたり虫の特性だったり、実は益虫だったりと色々な発見がありました。


今度キャンプ場で遭ったときは少しは優しくなれそうです。


虫が苦手なキャンパーさんは光だけではなく、暖かいテント内にも虫が集まりやすいのでできるだけテントは閉めるようにするだけでも快適に過ごせるかと思います!


とはいえコテージや豪華手ぶらキャンプのテント内には細心の注意をはらいながら清掃を行っておりますので、ぜひ安心してご利用・予約のご検討くださいませ!!


0件のコメント